Diary Masters vol.2.5

カードゲーム関係の事を主に綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【コンボ解説】紅蓮ゾルゲ【わからない人のために】

今回は、『紅蓮ゾルゲ』のコンボを解説します。

紅蓮ゾルゲのループのやり方がよくわからない人のために書く記事です。

※文章で説明するので、長文になりますが、ご了承ください。※

それではまず、キーカードの紹介と、バトルについての公式の裁定の紹介から参ります。


☆キーカード

《紅蓮の怒 鬼流院 刃》
Pクリーチャー 火/自然 ビースト・コマンド/ハンター
7マナ 7000 W・ブレイカー
●自分の自然または火のハンターバトルに勝った時、それよりコストが小さいハンターを1体、自分の超次元ゾーンまたはマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。



《遊びだよ!切り札一家なう!》
Pクリーチャー 火文明 カレーパン/ハンター
5マナ 4000+
●このクリーチャーがバトルする時、「カレーパンはどこじゃあああ!」と聞いてもよい。そうした場合、そのターン、このクリーチャーのパワーは+2000される。
●覚醒ーこのクリーチャーがバトルに勝った時、このクリーチャーをコストの大きい方に裏返す。

《カレーパン・マスター 切札勝太》
Pクリーチャー 火文明 カレーパン/レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター
10マナ 7000+ W・ブレイカー
●バトルゾーンにあるコスト6以下のクリーチャーはすべて、種族に「カレーパン」を追加する。
●このクリーチャーのパワーは、バトルゾーンにある他のカレーパン1体につき、+1000される。
●自分のターンのはじめに、「カレーパンを食ってやるぜぇ!」と言ってもよい。そうした場合、そのターン、このクリーチャーはタップされていないカレーパンを攻撃できる。



《偽りの名 ゾルゲ》
クリーチャー 火/自然/水 アンノウン
8マナ 8000 W・ブレイカー
●マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
●このクリーチャーまたは自分の他のクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある他のクリーチャーを1体選んでもよい。そうした場合、その2体はバトルする。



キーカードはこの3枚。
この3枚を使って、《ヴォルグ・サンダー》を出し、相手のライブラリーアウトを狙うデッキです。

《ヴォルグ・サンダー》
Pクリーチャー 闇文明 デーモン・コマンド/ハンター
6マナ 7000 W・ブレイカー
●このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、プレイヤーを一人選ぶ。そのプレイヤーは、自分自身の山札の上から、クリーチャーが2体出るまでカードを墓地に置く。



その際、《偽りの名 ゾルゲ》の効果で、バトルすることになります。
ここで、公式サイトより、バトルについての裁定の変更があったので、紹介します。



・バトル時に関わる能力・効果の処理順について
バトル時に、勝敗に関わる能力・効果と、負けたクリーチャーが破壊された時の能力の処理順について、以下のようにルール裁定の変更をさせて頂きます。

A,旧ルール裁定
バトルの際、まずパワーの比較を行い、 勝敗に関わる能力(「バトルに勝った時、~」等)を処理してから、負けたクリーチャーが破壊され、その「破壊された時」等の能力処理を行っていました。

1:パワーの比較
2:勝敗の決定
3:勝敗にかかわる能力・効果発動・処理
4:クリーチャー破壊
5:クリーチャー破壊に伴う能力・効果発動・処理
6:バトル終了

B,新ルール裁定
バトルの際、まずパワーの比較を行い、 勝敗決定と同時に、そのバトルで負けたクリーチャーは即時墓地に置かれます。その後、勝敗に関わる能力(「バトルに勝った時、~」等)」の発生と、負けたクリーチャーが「破壊された時」等の能力の発生は同時となり、そのターンのプレイヤーから好きな順番で処理する事ができます。

1:パワーの比較
2:勝敗の決定と同時に、負けたクリーチャー破壊
3:勝敗にかかわる能力・効果発動、およびクリーチャー破壊に伴う能力・効果発動を選択して処理
 ※そのターンのプレイヤーから発生した能力・効果を選択して全て処理し、その後に相手のプレイヤーが能力・効果を処理します。
4:バトル終了



↑の項目を頭に入れておいれ下さい。(コンボの所で詳しく説明します。)
それでは、コンボの説明に参ります。旧ルール版は、色々な所で動画が上がっているのでそちらをご覧ください。

※今回は、新ルール版で解説します。


今回は、自分の場に《偽りの名 ゾルゲ》と、相手の場に《巨人の覚醒者セツダン》(パワー6000以下のクリなら何でもよい)が場にいるという仮定でスタートします。


1、まず、《激流アパッチ・リザード》を召喚します。効果で、火または自然の8コスト以下のサイキック・クリーチャーをバトルゾーンに出せます。《紅蓮の怒 鬼流院 刃》をバトルゾーン出します。

相手の場:《巨人の覚醒者セツダン》(パワー5000+)

自分の場:《紅蓮の怒 鬼流院 刃》,《偽りの名 ゾルゲ》,《激流アパッチ・リザード》

2、《紅蓮の怒 鬼流院 刃》がバトルゾーンに出たことにより、《偽りの名 ゾルゲ》の効果を発動。《紅蓮の怒 鬼流院 刃》《巨人の覚醒者セツダン》(※1)とをバトルさせます。
ここが、バトル新ルールの1の部分になります。

3、《紅蓮の怒 鬼流院 刃》がバトルに勝ったので、《巨人の覚醒者セツダン》が墓地に置かれます(※2)
ここが、バトル新ルールの2の部分になります。


3、《紅蓮の怒 鬼流院 刃》が、バトルに勝ったので効果発動。自分の超次元ゾーンから《遊びだよ!切札一家なう!》をバトルゾーンに出します。
ここが、バトル新ルールの3→4の部分になります。

ここまでの場
相手:なし

自分:《紅蓮の怒 鬼流院 刃》,《偽りの名 ゾルゲ》,《激流アパッチ・リザード》,《遊びだよ!切札一家なう!》



※1:《激流アパッチ・リザード》とバトルでもOK。
※2:《巨人の覚醒者セツダン》は、サイキック・クリーチャーなので、超次元ゾーンに置かれます。




4、《遊びだよ!切札一家なう!》がバトルゾーンに出たことにより、再び《偽りの名 ゾルゲ》の効果発動。《遊びだよ!切札一家なう!》《激流アパッチ・リザード》とをバトルさせます(※3)。

5、ここで、必ず「カレーパンはどこじゃぁぁ!!」と対戦相手に聞いてあげて下さいね。そうじゃないと、《遊びだよ!切札一家なう!》がバトルに負けてしまいます。
ここが、バトル新ルールの1の部分になります。

6、《遊びだよ!切札一家なう!》がバトルに勝ったことにより、《激流アパッチ・リザード》が墓地に置かれます。
ここが、バトル新ルールの2の部分になります。

7、さらに、覚醒能力《紅蓮の怒 鬼流院 刃》の能力が解決待ちとなります。まず、覚醒能力を発動し、《カレーパン・マスター 切札勝太》に覚醒します。
ここが、バトル新ルールの3の部分になります。

8、次に《紅蓮の怒 鬼流院 刃》の効果で、《カレーパン・マスター 切札勝太》のコスト未満=9コスト以下のサイキック・クリーチャー《ヴォルグ・サンダー》が、バトルゾーンに出ます。
ここが、バトル新ルール3→4の部分になります。


ここまでの場
相手:なし

自分:《紅蓮の怒 鬼流院 刃》,《偽りの名 ゾルゲ》,《カレーパン・マスター 切札勝太》,《ヴォルグ・サンダー》



※3:※1で《激流アパッチ・リザード》とバトルした場合、ここでは《巨人の覚醒者セツダン》とバトルします。


9、《ヴォルグ・サンダー》がバトルゾーンに出たことにより、《偽りの名 ゾルゲ》の効果発動。《ヴォルグ・サンダー》《カレーパン・マスター 切札勝太》(※4)とをバトルさせます。
ここが、バトル新ルールの1の部分になります。

10、《カレーパン・マスター 切札勝太》がバトルに勝ったので、《ヴォルグ・サンダー》が墓地に置かれます(※5)。
ここが、バトル新ルールの2の部分になります。

11、《紅蓮の怒 鬼流院 刃》の効果で、9コスト以下のサイキック・クリーチャー《ヴォルグ・サンダー》を場に出します。
ここが、バトル新ルールの3の部分になります。

12、9で出した《ヴォルグ・サンダー》の効果で、相手を指定。クリーチャーが2体出るまでデッキを削ります。
ここが、バトル新ルールの3→4の部分になります。

紅蓮ゾルゲは、9~12がループとなって、相手が山札切れになり、自分の勝利となります。


※4:《カレーパン・マスター 切札勝太》は、《遊びだよ!切札一家なう!》の効果でパワーが+2000されてる状態です。
※5《ヴォルグ・サンダー》は、サイキック・クリーチャーなので、超次元ゾーンに置かれます。


これが、紅蓮ゾルゲのやり方です。(※投稿時のタカラトミーの裁定です。)

旧ルールでは、《ヴォルグ・サンダー》が4枚必要だったのですが、新ルールでは、1枚で良くなりました。

長文やバトルの処理のややこしさで、文章で理解出来る方が少ないと思います。
実際にカードを使ったり、プロキシー(代用のカード)を使って、コンボを理解してみて下さい。

長文をお読み頂きありがとうございました。お疲れ様でした。
スポンサーサイト

テーマ:デュエルマスターズ - ジャンル:ゲーム

  1. 2012/03/14(水) 18:28:07|
  2. DM考察
  3. | コメント:2
<<土曜・日曜の予定。 | ホーム | 3月11日デュエルロード>>

コメント

私にも理解出来ました。覚えるまでは時間が要るけれどわかったのでうれしいです。
  1. 2012/03/15(木) 02:27:48 |
  2. URL |
  3. じゅんこ@母 #-
  4. [ 編集 ]

じゅんこ@母さん>コメレス

理解すると、実戦するとは違いますが、この記事で、ある程度、理解して頂いたことは、編集をした甲斐がありました。コメントありがとうございます。

息子さんと一緒に理解してみてください。
  1. 2012/03/15(木) 02:43:59 |
  2. URL |
  3. じゃっき #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

じゃっき@カードゲーマー

Author:じゃっき@カードゲーマー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

TOP (3)
デュエルマスターズ (17)
デッキレシピ (3)
DM考察 (3)
大会レポート (7)
雑記 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。